2018年 11月 17日 (土)

AKB、紅白候補曲に「ほねほねワルツ」 メンバーも「シュールすぎませんか?」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「第68回NHK紅白歌合戦」で、AKB48のパフォーマンス曲を視聴者投票で決定することが、番組公式サイトで2017年12月4日発表された。紅白史上初の試みとなる。

   出場メンバー48人を視聴者投票で決めた2016年に続き、挑戦的な企画にネット上を中心に盛り上がりを見せている。

  • AKB48紅白スペシャルメドレーはどの曲に?(写真は2016年紅白リハーサル)
    AKB48紅白スペシャルメドレーはどの曲に?(写真は2016年紅白リハーサル)

「#ほねほねワルツを紅白で聞きたい」

   候補曲は、AKB48のメジャー・シングル50枚の表題曲と、NHKにゆかりの深い3曲を加えた計53曲。上位3曲の結果は紅白の生放送中に発表され、選ばれた3曲で「AKB48紅白スペシャルメドレー」を披露する。投票できるのは紅白公式サイトから1曲のみで、30日12時まで受け付けている。

   紅白選抜メンバーとして、HKT48の指原莉乃さん(25)やNMB48の山本彩さん(24)、年内でグループを卒業する渡辺麻友さん(23)ら48人も併せて発表された。それぞれSNSを通じて投票を呼び掛けており、指原さんは「恋するフォーチュンクッキー」、山本さんは「365日の紙飛行機」と自身がセンターを務めた曲を推す動きもある。

   そうしたなか、ネット上で盛り上がりを見せているのが「ほねほねワルツ」。2006~07年にかけて、NHK教育の子供向け番組「からだであそぼ」で歌われた曲だ。当時歌っていたメンバーの板野友美さん、奥真奈美さん、小野恵令奈さん、増山加弥乃さんが卒業してしまっているが、「是非紅白で!」と現メンバーでのパフォーマンスを希望する声があがっている。

   ツイッターでは「ほねほねワルツ」投票の呼びかけがされており、

「紅白でほねほねワルツ歌ったらおもしろい!!!!」
「全員でほねほねワルツに投票するしかない」
「ネット民の出番だぞ!ほねほねワルツ一択だろ!」
「大晦日に推しの全身タイツが見られるかも?!」

と話題沸騰。4日にはツイッターのトレンドワード、5日にはYahoo!リアルタイム検索にランクインした。「#ほねほねワルツを紅白で聞きたい」というハッシュタグまでつくられている。

   この候補曲にはメンバーも驚いたようで、AKB48の大西桃香さん(20)は動画配信サービス「SHOWROOM」で、

「シュールすぎませんか?48人でほねほねワルツ。あれはヤバいですね。あれはちょっと...怖いですね...年末に」

と言及。自身もAKB48加入前から曲を知っており、ファン層以外にも知名度があることから、「やる可能性は十分ありますよね」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中