2020年 1月 19日 (日)

「犬は猫より賢い」報道は本当か?ネットで「犬猫バトル」を招いた研究発表のプレスリリースとは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

全米一の人気猫をからかったプレスリリース

   ところが、犬のニューロンが猫の2倍あるという結果にメディアが注目した。それは同大学のプレスリリースが、ハシャギ過ぎていたせいもある。見出しが「Sorry, Grumpy Cat Study finds dogs are brainier than cats」。直訳すると「ごめんね、不機嫌な猫ちゃん。わが大学の研究では、犬の方が猫より賢いってよ」といった軽い調子だ。実は「Grumpy Cat」(グランピー・キャット=不機嫌な猫)は、全米で人気第一の実在するスター猫なのだ。アリゾナ州フェニックスに飼われているメス猫で、いつも口を「への字」に曲げた「ブサ可愛らしさ」が受け、テレビや映画、CMで引っ張りだこ。日本でいえば、ソフトバンクの「お父さん犬」のような存在だろう。

   このニュースにはツイッター上で、犬派・猫派から次のようなバトルの投稿が相次いだ。まず犬派が――。

「そんなの当たり前でしょ。盲導猫とかいたら話は別だけど」
「ズル賢さでは猫のほうが上だけどな」

   一方、猫派も「猫っ可愛がり」では負けていない。

「やかましいわ! 猫の可愛さは賢さなんかじゃ測れないんじゃー」
「世間では馬鹿な子ほど可愛いと言いまして」
「猫より賢いのに人間を下僕にもできないのは何故? 犬は『賢い頭』の使い方も分からないのかな?」

   炎上気味の論争にはこんな声も――。

「地域紛争だったのが戦争に発展しそうな怖い案件...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中