羽生竜王、永世七冠の裏に「藤井四段との対局」 妻・理恵さん「あの日、何かが変わった」

印刷

   史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)の妻・理恵さん(47)が、「永世七冠へのスイッチ」となった出来事について明かした。

   理恵さん曰く、公式戦29連勝という快挙を成し遂げた藤井聡太四段(15)が関係しているという。

  • 羽生善治竜王(画像は日本将棋連盟公式サイトより)
    羽生善治竜王(画像は日本将棋連盟公式サイトより)

ひふみんも祝福

   2017年12月5日、第30期竜王戦7番勝負で渡辺明竜王(当時)を破り、15年ぶり通算7期目となる竜王位を獲得し、「永世竜王」の資格を得た。これで7大タイトルの永世称号をすべて獲得し、前人未到の記録を打ち立てた。

   この偉業には、各方面から祝福の声が寄せられている。今年6月に現役を引退した加藤一二三九段(77)はツイッターで、「羽生善治永世七冠のご誕生まことにおめでとうございます」とコメントし、

「引退会見では『偉大な後輩たちの活躍のおかげで、こころ安んじて現役を退くことができた』と後輩棋士たちに謝意を述べたわたくしでしたが、その約半年後のいま、まさに想像を遥かに超える現実が目の前に展開されているわけですから、益々悦ばしい限りであります」

と羽生竜王の快挙を喜んだ。6日夜現在、アカウント名は「ひふみん@羽生善治永世七冠誕生おめでとう」となっている。

   将棋を題材とした『3月のライオン』(白泉社)を連載中の漫画家・羽海野チカさんも、

「ああ羽生先生!!永世七冠達成ほんとうにほんとうにおめでとうございます!!!いま、ほんとうに、うまく言葉になりません!!ほんとうにすごい事です!!」

と興奮気味に祝福ツイートを投稿した。

   すると、理恵さんが号泣する顔文字付きで「ウマ子先生~」(羽海野さんの愛称)と反応。羽海野さんは、

「誰も歩いたことのない長い道を一歩一歩コツコツと歩いてらした羽生先生が辿り着かれた永世七冠。本当に心からの尊敬とおめでとうございますの気持ちを!!そして理恵さん!理恵さんと娘さん達ご家族にも本当にありがとうございましたとおめでとうございますの気持ちでいっぱいです!!」

と返した。

「あの日、何かが変わりました」

   理恵さんは「嬉しいお言葉」と感謝し、

「先生の3月のライオン獅子王戦第零期優勝、これが永世七冠へのスイッチだったと思います。炎の七番勝負で初顔合わせの藤井聡太先生に負け、その後、獅子王戦第零期では藤井聡太先生に勝ちました。あの日、何かが変わりました」

と、偉業達成のきっかけとなった出来事について明かした。「先生に感謝です!」とも伝えている。

   羽生竜王と藤井四段は今年2月、AbemaTVによる対局企画「炎の七番勝負」で初対局に臨んだ(放送は4月)。非公式戦ながら、藤井四段が羽生三冠(当時)を破り、大きな注目を集めた。

   そして翌3月には、『3月のライオン』の作中で名人戦と並んで2大タイトルとして描かれる棋戦「獅子王戦」が、羽生三冠(当時)、加藤九段、先崎学九段、藤井四段によってリアル対局が実現。羽生三冠(当時)が藤井四段を制し、リベンジを果たした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中