2019年 12月 13日 (金)

PCデポ「解約金」への不満ツイートが拡散 約21万円請求......企業側は「正規の対応」と説明

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ピーシーデポ「正規の対応であることが確認できた」

   一方、ピーシーデポコーポレーションの広報課担当者は12月6日夜のJ-CASTニュースの取材に対し、今回の騒動について「社内で調査を行った結果、ご契約および早期解約において正規の対応であることが確認できました」と回答した。

   その上で、男性が報告した一連の減額手続きについては、

「同年11月5日時点で(中略)設備機器をご返却いただいたため、契約に基づき正規に減額し、光回線契約期間未了等の解約手数料4万6440円でのご解約になります」

と説明した。

   「PCデポ」の契約内容をめぐっては、16年8月にも80歳過ぎの高齢男性と過大なサポート契約を結び、解約時にも高額の手数料を請求していたことが明らかになり、ネット上で批判を集めたことがある。

   この時、PCデポ側は公式ウェブサイト上に謝罪コメントを発表。あわせて、使用状況にそぐわないサービス契約の加入者については、コース変更及び契約の解除を「無償で対応」するなどの改善策も明らかにしていた。

   そのため、今回の取材に対しても担当者は「弊社では昨年8月以降、各所からご指摘いただきました件を真摯に受け止め、全社を挙げ品質向上に取り組んでおります」。その上で、今回の一件についても、16年8月に発表した改善策の内容に基づいて対応している、としていた。

   ただ、今回の男性がPCデポ側の説明が「不十分なのではないか」と訴えている点については、

「そちらは個別の案件となりますので、お答えはできません」

とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中