プーチン大統領、4回目の大統領選に出馬表明

印刷

   ロシアのプーチン大統領は2017年12月6日、18年3月に行われる大統領選挙に立候補する考えを表明した。通算4回目の立候補となり、当選すれば24年まで在任することになる。

   西部のニジニ・ノブゴロドにある自動車工場の集会に出席し、参加者からの要請に応える形で立候補の考えを表明した。国民からの高い支持率もあり、出馬すれば再選が確実視される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中