flumpoolボーカルが「機能性発声障害」で活動休止 どんな病気?

印刷

   音楽グループのflumpoolのボーカルである山村隆太さん(32)が「歌唱時機能性発声障害」で活動を休止した。所属事務所のアミューズが2017年12月6日、発表した。

   ネット上では心配の声や復活を望む声があがるなか、「機能性発声障害」という病名について、聞いたことがないという人もいる。一体、どんな病気なのだろうか。

  • 「機能性発声障害」とは(画像はイメージ)
    「機能性発声障害」とは(画像はイメージ)

山村さんの治療専念に伴い、flumpoolの活動も休止に

   flumpoolは、2007年に結成された4人組の音楽グループ。「good!アフタヌーン」(講談社)で連載されているマンガ「亜人」の映画・テレビシリーズの主題歌「夜は眠れるかい?」などの曲で知られ、NHK紅白歌合戦に出演した経験も持つ人気グループだ。

   アミューズの発表によると、山村さんは前々からのどの不調を感じており、17年12月3日の横浜公演後に医師の診察を受けて「歌唱時機能性発声障害」であることが明らかになったという。具体的にどういう症状なのかは明らかにされていないものの、山村さんは治療に専念することとなり、flumpoolの活動も当面休止することとなった。

   これに伴い、9月から行っていた全国ツアーの残り4会場(福井、三重、広島、鳥取)についても中止に。チケットの払い戻しについては後日告知をするとした。

   ネット上では発表を受けて、

「今朝のflumpool活動休止はショックすぎた。泣きかけた。早く治るように祈ってます...」
「flumpool活動休止か~早く良くなるといいなぁ」

と、活動休止を残念がる声や、復活を祈る声が上がったが、一方で、

「歌唱時機能性発声障害...? ポリープ切除は解るけど正式な病名では無さそう。メンタルかな」
「機能性発声障害ってなに、イップスみたいなやつなの」
「機能性発声障害ってなんだろ。 初めて聞いた気がする」

と、病名に馴染みがないとする声も見られた。

がらがら声になったり、声が出なくなる

   「機能性発声障害」は、声帯や喉頭などに異常がないのにもかかわらず、発声が思うようにうまくいかなかったり、発声時に痛みを伴ったりするといった症状が出る発声障害だ。「ハロー!プロジェクト」の音楽グループJuice=Juiceの宮本佳林さんや、ビジュアル系ロックバンドNIGHTMAREのYOMIさんも同じ症状に悩まされたことで知られる。

   「日本耳鼻咽喉科学会会報」第119巻2号(2016年2月20日発行)の牧山清・日本大学医学部教授「機能性発声障害の診断と治療」によると、普通にしゃべっているつもりでもがらがら声やだみ声などが出たり、息漏れのような弱々しい声しか出なくなる「嗄声(させい)」という症状が現れたりするとしている。また、声が出なくなることもあるという。

   「機能性発声障害」には、(1)発声時の筋肉の使い方に問題がある「筋緊張性発声障害」、(2)変声期が過ぎても変声期前の高さの声を出そうとしてしまう「変声障害」、(3)「心因性発声障害」の3種類がある。

   (2)の「変声障害」は、思春期の男性に発症するもので、声の高さが変化したり、時折裏返ったりするのが特徴。(3)の「心因性発声障害」は心理的な要因から突然声が出なくなるというもの。心理的要因が発症の原因になっていることを患者が自覚していないため、精神科医の協力も必要になるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中