シャープ、1年4か月ぶり東証1部復帰 業績回復受け

印刷

   シャープは、2017年12月7日、東京証券取引所市場第1部銘柄に指定された。経営不振から16年8月1日に第2部へと指定替えされていたが、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下での構造改革が奏功した。

   シャープは中国市場向けのスマートフォン用液晶の販売減などを受けて損失が膨らみ、自己資本でも債務超過となるなど、経営不振に陥っていた。そこから早期黒字化に向けた構造改革の取り組みを開始し、16年度の連結業績においては3期ぶりに営業利益が黒字となった。また、17年度上期には四半期純利益がリーマンショック以前の水準にまで回復した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中