北朝鮮木造船、船長ら逮捕 無人島から窃盗の疑い

印刷

   北朝鮮の木造船が見つかった北海道松前町で2017年12月9日、北海道警が自称北朝鮮国籍の船長、カン・ミョンハク容疑者(45)ら乗組員3人を逮捕した。同日に各社が報じた。

   乗組員は、無人島「松前小島」の小屋から発電機を盗んだ疑いが持たれている。他にもテレビや冷蔵庫、バイクなどがなくなっているという。道警は任意で3人から事情を聞いてきたが、船を航行させて逃亡するような動きを見せたため、逮捕が必要だと判断した模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中