2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

ぽちゃドル「Pottya」が突然の解散 アノ男性俳優の生き甲斐が...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ぽっちゃりアイドル「Pottya」が2017年12月11日、公式サイト等で解散を発表した。

「この度Pottyaは、2017年12月11日をもって解散致します。突然のご報告となり申し訳ございません。デビューから約3年、今まで応援してくださり本当にありがとうございました」

と、「スタッフ一同」名義で報告した。

   発表を受け、ツイッター上では惜しむ声とともに、ある俳優を心配する声があがっている。

  • 解散を発表した「Pottya」(画像はPottya公式サイトより)
    解散を発表した「Pottya」(画像はPottya公式サイトより)

「急すぎる」「悔しい」

   Pottyaは「歌って踊れる正統派アイドル」を謳ったぽっちゃり女性5人組のグループ。2141人のなかからオーディションで選ばれ、2015年1月にメジャーデビューを果たした。メンバーの入れ替わりなどを経て活動を続けてきたが、今年11月にはリーダーの大木梨渚さんと犬童舞子さんが卒業。以降は残る大橋ミチ子さん、橋本一愛さん、本多加奈子さんで活動を続けていたが、この度解散する運びとなった。

   現役メンバーはグループ公式ブログでそれぞれ想いを綴っており、初期メンバーの大橋さんは、「解散は、『3人になったから続けることが出来なくなった』という理由からでは決してありません」と説明した。橋本さんは「ラストイベントを出来なかったこと。本当に申し訳ないです」と急な解散を謝罪。今年2月に加入した本多さんは「約10か月間でしたが、アイドルと言う、貴重な経験と素敵な時間を過ごさせて頂きありがとう御座いました」と感謝した。なお、今後もそれぞれ芸能活動を続けることを表明している。

   ツイッター上には、ファンらから解散を惜しむ声が寄せられている。

「pottya解散なの 急すぎる」
「pottyaはもっと上にイケると思ってたから解散悔しい」
「Pottya解散は辛い...。今まで元気もらったり癒されて支えてもらってました!ありがとう!」

   そうしたなか、「柏原さん大丈夫か」といったツイートが多数投稿されている。いったい「柏原さん」とは――。

「なぜかぽっちゃりアイドルをプロデュースしている俳優」

   「柏原さん」とは、Pottyaのプロデュースを手掛けていた俳優・柏原収史さんのこと。俳優・柏原崇さんの弟として知られ、朝ドラなどへの出演歴もあるが、「なぜかぽっちゃりアイドルをプロデュースしている俳優」としてテレビ番組で紹介されたことで注目を集めていた。

   11月16日放送のトークバラエティ番組「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演した柏原さんは、Pottyaプロデュースの経緯について、役者業と並行して行っている音楽業のプロデューサー仲間とともに、「インパクトのあるコンセプトのアイドル」をつくることになったと説明した。さらに、体重測定やダンス練習指導、ミュージックビデオの撮影練習などプロデュース業への密着取材がオンエアされた。ライブを観賞して涙ぐむ様子も放送された。

   俳優業に支障をきたすこともあるほどの熱の入れぶりに、番組司会のマツコ・デラックスさんから「もう引き下がれないじゃん。色んなもの狂っちゃってこない?」と指摘されると、「狂っているか狂っていないかで言ったら、狂って来ていますけど...」と告白。そのうえで、

「メンバーたちのモチベーション意識が熱いうちはやり続けようかなと思っています。ここまで来たら同じなんで」

と決意を表明していた。目標は「武道館ワンマンライブ」だという。

   そのため、今回の解散発表を知った視聴者からは、

「あらら...柏原収史さん頑張ってたのにね...」
「柏原収史さん無念ですな」
「pottya解散なのか...柏原収史の生き甲斐が」
「柏原さん、がんばったよね。。お疲れ様でした。。」

といったツイートが投稿されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中