拉致被害者、増元るみ子さんの母信子さん死去

印刷

   北朝鮮の拉致被害者、増元るみ子さんの母親、増元信子さんが2017年12月12日、心不全のため鹿児島県の病院で亡くなった。90歳だった。NHKなどメディア各社が報じた。

   増元るみ子さんは当時24歳だった1978年8月、市川修一さんとともに北朝鮮に拉致された。信子さんはるみ子さんとの再会を望んでいたが、ここ数年、高齢者施設へ入所するなど体が思うように動かなくなっており、12月9日ごろに容体が急変。るみ子さんが帰国を果たす前に亡くなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中