2018年 6月 25日 (月)

西武の新外国人にアニメファン注目 「何故か他人の気がしない」

印刷

   プロ野球・埼玉西武ライオンズの新外国人に、アニメファンが色めき立っている。

   どうやら「仲間意識」を強く感じたようだが、いったいなぜか。

投手王国復活なるか

   西武ライオンズは2017年12月12日、来季の新戦力としてニール・ワグナー投手(33)の獲得を発表した。

   米国出身のワグナーは、メジャー通算52試合に登板し2勝4敗、防御率4.92の成績を残す。今季はマイナーリーグで40試合投げ、2勝1敗3セーブだった。

   西武といえば、投手の補強が急務である。17年に加入したガルセス、キャンデラリオ、ファイフの3投手は成績が振るわず退団となり、シュリッター、野上亮磨と、投手陣の屋台骨を支えた選手が流出している。

   補強ポイントと合致した獲得に、ファンからの期待も大きい。

「とりあえず野上とシュリッターの穴は埋めてほしい」
「当たりますように、当たりますように......」

一方、全く畑違いの「ファン」からも、熱視線が送られている。

朗報?悲報?

「西武とWUGのコラボ待ったなし!!」
「西武にワグナーというピッチャーが入ったらしいが何故か他人の気がしない」

   アニメ「Wake Up, Girls!」(略称:WUG)のファンからこんな声が漏れる。WUGのファンは、「WUGner(ワグナー)」と呼ばれており、ワグナー投手と同じ「名前」であるため、親近感を覚えるファンが少なくないようだ。

   だが、親愛ムード一色ではない。WUGはこれまでにたびたび、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスとのコラボイベントを実施していたため、

「楽天じゃなくて西武がワグナー獲得とは」
「【悲報】ワグナーさん、ライバル球団の西武に入団」

といった冗談とも本気ともとれる悲鳴も飛んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中