2018年 11月 19日 (月)

松居一代、今年の漢字は「戦」 一方、船越は抱負を聞かれ...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   タレントの松居一代さんが、自身にとっての「今年の漢字」をブログで披露した。

   松居さんは現在、夫で俳優の船越英一郎さんとの離婚調停中。「本家」の日本漢字能力検定協会が選んだ今年の漢字は「北」だったが、松居さんが選んだのは...

  • 今年の漢字は「戦」(画像は松居さんの公式ブログより)
    今年の漢字は「戦」(画像は松居さんの公式ブログより)

「今日も戦いまーーすよ」

   「今年の漢字」発表翌日の2017年12月13日は、松居さんの第2回離婚調停がある日で、朝に「今年の漢字」をテーマにブログを更新した。

   この1年を振り返ったところ、

「笑っちゃいますが、この文字しか、うかびませ~~~ん(笑)」

として、

「戦」

を挙げた。

   具体的には離婚調停や船越さんについて触れてはいないものの、昨16年は「泣」の1年だったとしつつ、

「しかし、あたしは地獄から立ち上がったのです」
「そして、ファイティングポーズを取ったのです」
「何処からでもかかってこい!!!!」

と、離婚調停と「戦」を強く想起させる内容を書き込んでいる。さらに、

「今日も戦いまーーすよ」

と、当日の調停をさすであろう内容にも触れて、戦意を高揚させていた。

   一方の船越さん。「今年の漢字」の話題ではなかったが、12日放送のNHK生放送番組「ごごナマ」で、ゲストの清水ミチコさんから、来18年の抱負を聞かれ、「ごごナマ、頑張っていきたい」と答えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中