2018年 9月 22日 (土)

米メディア大型買収劇 ディズニーが21世紀フォックスを7兆円で

印刷

   米メディア大手のウォルト・ディズニーは、2017年12月14日、同業の21世紀フォックスの映画、テレビ事業などを買収することを発表した。買収額は524億ドルで、21世紀フォックスが抱えていた137億ドルの負債と合わせて661億ドル(約7兆4000億円)にのぼる。

   これにより、21世紀フォックスが権利を持っていた「X-メン」、「デッドプール」、「シンプソンズ」、「ナショナル・ジオグラフィック」などの多数の人気コンテンツはディズニーが取得することになる。

   ディズニーは発表の中で、21世紀フォックスのコンテンツ部門を取り込むことで、世界中の消費者に対してより魅力的なコンテンツを提供できると、買収について説明した。

   また、21世紀フォックスは同日、買収後の経営方針について、今後はニュースなどの放送事業により注力するとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中