宮内庁VS週刊新潮 退位めぐる陛下の本当の「お考え」

印刷

   天皇陛下の退位が2019年4月30日に決まったことを受け、政府は退位と即位の儀式の準備を本格化させる。菅義偉官房長官をトップとする準備組織が18年中にも立ち上がる予定だが、天皇陛下が退位の儀式を「できるだけ簡素になさりたいとのお考え」をお持ちだと、宮内庁が公表した。

   欧州で新旧の国王がバルコニーに出てきて国民の前であいさつするような行事も行う考えもないといい、その点を「度々、我々に留意するようご注意を頂いていた」という。これらの「お考え」は、週刊新潮の報道に宮内庁が抗議する中で明らかにされた。

  • 天皇陛下の退位儀式はどのような内容に?(2017年8月撮影)
    天皇陛下の退位儀式はどのような内容に?(2017年8月撮影)

新潮「華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ち」

   問題視されたのは週刊新潮12月14日号(首都圏など7日発売)に

「『安倍官邸』に御恨み骨髄 『天皇陛下』が『心残りは韓国......』」」

と題して掲載された記事。記事終盤で「ある官邸関係者」が

「最近耳にしたのが、陛下が華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃるということ。具体的には、一般参賀のような形で国民に対してメッセージを発し、そのうえでパレードをしたいと考えておられるようです」

と述べた部分だ。特に「陛下が華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃる」という部分が問題視された。

   宮内庁が12月14日に公表した週刊新潮への抗議文では、昭和天皇の逝去から「即位礼正殿の儀」まで1年10か月あったのに対して、今回は退位から即位まで数か月しかない中で一連の儀式を行う必要があるとして、天皇陛下は退位の儀式については「法案が通った非常に早い時期」から「できるだけ簡素になさりたいとのお考えをお持ち」だとした。こういったことから、

「華やかなものをお考えとはとても考えられないことです」

   と記事に反論した。

バルコニーでの新旧そろってのあいさつ、行わない意向を「留意するようご注意」

   さらに、即位の礼で外国から賓客を招待する可能性があることから、退位の儀式には招待しない意向だという。欧州では国王が退位する際、新旧国王がバルコニーにそろって姿を見せることが多い。だが、

「陛下におかれては、そのようなことをなさるお考えのないことを度々、我々に留意するようご注意を頂いていたところであります」

と、強い表現で否定している。これまでパレードに関する言及はなかったというが、

「以上のようなことから、華やかなものをお考えとはとても考えられないことです」

と結論付けている。

   宮内庁の抗議を受け、週刊新潮はウェブサイトで

「本記事のテーマとなっている内容につきましては、官邸関係者や宮内庁関係者、そして霞が関関係者などに対して長期綿密に取材を行なってきました。記事はそのなかで得られた情報を基に構成されたものです。摘示した事実はとりわけ機微に触れる内容であり、むろん情報源について明かすことはできませんが、その中身については真実であると確信しています」

との見解を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中