2018年 8月 21日 (火)

神戸「世界一のツリー」騒動で糸井重里「炎上」 「批判者を批判?」ツイート連発に「幻滅した」

印刷

   企画の中止を求めるウェブ署名に2万人超が賛同するなど、大きな物議を醸している「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」。インターネット上では、この企画に関わるコピーライターの糸井重里氏(69)にも厳しい批判が寄せられている。

   糸井氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、ツリーの「植樹式」のテキスト中継を行ったり、企画の総合プロデューサー・西畠清順氏(37)との対談イベントを実施したりと、様々な方面でプロジェクトに協力しているためだ。

  • 「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」イメージ
    「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」イメージ
  • ツリーになったアスナロの木と西畠氏
    ツリーになったアスナロの木と西畠氏

バングル「継ぐ実」は販売中止に

   今回の企画は、推定樹齢150年のアスナロの木を富山県氷見市から運び、クリスマスツリーとして飾り付けた上で神戸市内の会場に展示するというもの。公式サイト上では、今回の企画は阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂の意味も持つ、などと訴えていた。

   展示期間は2017年12月2日から26日までで、終了後にはツリーを伐採する予定。ツリーにはオーナメントが取り付けられ、主催者側はその数でギネス世界記録を目指すとしている。

   しかし、ネット上ではこの企画について「まさに人間のエゴそのもの」「鎮魂を飾り付けて金儲けを偽装するだけ」との批判が噴出。また、西畠氏がウェブ上に発表した文章の中で、運び出したアスナロの木を「落ちこぼれ」と表現していたことも物議を醸した。

   当初、通信販売会社のフェリシモ(神戸市)は、伐採したツリーの一部を加工したバングル「継ぐ実」の販売を告知していたが、ネット上の批判の高まりを受けて中止に。また、主催者側も11月30日の発表で、伐採したツリーの使途について、一部は神社の鳥居として奉納する予定だと新たに明かしていた。

   ツリーの展示は12月2日から予定通り実施されているが、署名サイト「change.org」上では、「世界一のクリスマスツリーPROJECTを中止して下さい」と題した反対運動が過熱。11月24日に始まった署名活動には、12月15日夕までに2万人以上が賛同している。

   このように、大きな物議を醸しているプロジェクトをめぐって、ネットユーザーから「幻滅した」との厳しい批判が相次ぐことになったのが、今回の企画および西畠氏との関わりがある糸井氏だった。

意味深ツイートに批判

   糸井氏への批判が高まることになったのは、今回のツリー騒動を批判しているユーザーを否定的に扱うかのような発信を続けているためだ。

   まず糸井氏は、ツリー企画への批判が高まり始めた11月16日のツイッターで突然、

「冷笑的な人たちは、たのしそうな人や、元気な人、希望を持っている人を見ると、じぶんの低さのところまで引きずり降ろそうとする。じぶんは、そこまでのぼる方法を持ってないからね」

と意味深な言葉を投稿した。

   プロジェクトの関係者でもある糸井氏が、騒動の真っ只中に発信したこのツイート。それだけにネット上では、投稿にある「冷笑的な人たち」がツリー企画を批判する人々を指しているのではないかと受け止められ、

「必要のない木を切り倒して、災害復興にかこつけて、木の隣で手帳売るのが希望で元気のあるひとなの?」
「自分と異なる立場の人に対して、意見などを批判せずに人格批判とかレッテル貼りと科するやり方は不誠実だよ」

といった批判リプライ(返信)が相次ぎ、いわゆる「炎上状態」になった。一方、「まったくその通りだと思います。自分が不幸せなら他人を不幸にして良いなんて理屈は無い」と糸井さんの投稿に賛意を示すツイートもあった。

糸井氏「ほんとにどーーでもいいクソリプ」

   その後も糸井氏は、11月29日に「ほぼ日」に掲載したウェブコラムでも、

「思えば『あら探し』だらけの世の中で、あらを探される側になっているということは、ものすごいことだよ、と言えるよ。がんばれ、『あら探されてる』やつら」

とまたもや意味深な言及。さらに12月10日のツイッターでは、

「ほんとにどーーでもいいクソリプだっけ?に取られる時間はもーーーーたーーーいへんなもんだからさー、じぇったいに迷惑わくわくで困っちゃいますったらありゃしないですよ」

とも投稿していた。

   この糸井氏の投稿にある「クソリプ」を、ツリー騒動について言及したリプライのことだと受け取るユーザーは少なくなかったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「とうとう糸井重里、批判をクソリプって言っちゃった」
「とんでもない発言されてて絶句しました」
「ツリーの件で糸井さんに送ったのあった。糸井さんにとってはクソリプだったんだろうけど...」

などの声が広がった。なかには、一連の騒動をめぐる糸井氏のスタンスを受けてか、「ほぼ日にも糸井重里にも幻滅した」「心底がっかりした。失望した」との書き込みも見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中