2019年 9月 21日 (土)

カフェインにせき止め・ぜんそく予防効果が 名医が勧める、病気に打ち勝つ食べ物

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

天ぷらやみそ汁で冷え改善できる食材

   日本人女性の約7割が悩むといわれる冷え性は、放置すると血流が悪くなって免疫力が低下し、動脈硬化や脳梗塞、ガンに発展するおそれもある。

   東洋医学研究所付属クリニックの川嶋朗氏の研究では、体温が1度下がると免疫力が約30%ダウンするとの結果が出た。

   厚着などで体を外から温めるのもよいが、体の内側から温めるのがより大切だ。

   血流をよくする成分は、血管を広げる「ナイアシン」、血液をサラサラにする「βグルカン」で、この二つが豊富に含まれるのが「マイタケ」だ。1日100グラムを目安に摂るとよい。

   管理栄養士の望月理恵子氏オススメのレシピが、「マイタケとミョウガのかき揚げ」だ。1人分の材料は以下の通り。

マイタケ 100グラム
ミョウガ 20グラム
タマネギ 30グラム
水・てんぷら粉・揚げ油 適量

   マイタケは裂き、ミョウガとタマネギは薄切りにする。水で溶いたてんぷら粉で合わせ、180度の油で2~3分揚げれば出来上がり。βグルカンは油で調理すると吸収率が高まる。また、ミョウガの辛味成分「ミョウガジアール」も血流をよくする働きがある。

   マイタケをみそ汁の具に使うのも冷え性改善に効果的だ。みそなどの発酵食品は、酵素の力で体温を上げる効果が期待できる。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中