2018年 11月 18日 (日)

「漫才性の違い」M-1優勝叶わず お笑いコンビ「カナリア」来年3月解散へ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   お笑いコンビ「カナリア」が「漫才性の違い」などから2018年3月10日に解散すると、公式ブログで17年12月16日に発表した。

   カナリアは、ボケの安達健太郎さん(38)、ツッコミのボン溝黒さん(38)のコンビで、03年に結成した。安達さんの歌を生かしたネタなどが持ち味で、10年のM-1グランプリで決勝に進み、9位に入ったことがある。

   ブログでは、「皆さまへご報告」のタイトルで、2人それぞれから解散の報告があった。ボン溝黒さんは、10年の敗退後にM-1優勝が遠のいて、「いつからか、2人の漫才性の違いが生じて。擦り合わす事が出来ず」と経緯を語った。安達さんは、「数ヶ月前、相方のボン溝黒から、『コンビを解散して、この先はピン芸人として頑張りたい。』と言われました。後日、改めて2人で話し合った結果、解散を決めました」とつづったが、お笑いの活動は続けるとしている。

   2人は、それぞれの公式ツイッターでも解散を報告している。なお、18年3月5日に大阪で、10日に東京で最後のライブを行う。

   ニュースのコメント欄などでは、「カナリア国語辞典、結構面白かったのになぁ」「残念。ピンは大変だと思うけどね」などと書き込まれている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中