2018年 6月 19日 (火)

ボーイング787が車道を横断! 珍風景に熱い視線

印刷

   中部国際空港会社と全日空(ANA)は2017年12月17日、中型旅客機のボーイング787型機の初号機「ZA001」を、空港内の駐機場から18年夏開業予定の商業施設「FLIGHT OF DREAMS」(フライト・オブ・ドリームズ)に移動する様子を公開した。

   ANAのけん引車がZA001を引っ張って900メートルにわたって移動。普段は一般の車が通る公道を閉鎖し、横切って移動するという日本では初の「引っ越し劇」に、多くのファンが熱い視線を向けていた。

  • 普段は一般の車が通る公道を横切るボーイング787型機。日本では初めてのケースだ
    普段は一般の車が通る公道を横切るボーイング787型機。日本では初めてのケースだ
  • 787が展示される商業施設「FLIGHT OF DREAMS」(フライト・オブ・ドリームズ)は2018年夏の開業予定だ
    787が展示される商業施設「FLIGHT OF DREAMS」(フライト・オブ・ドリームズ)は2018年夏の開業予定だ

部品の35%が中部国際空港から米国に運ばれる

   「ZA001」は09年に初飛行、試験飛行を重ねて15年に引退していた。ボーイング787は部品の約35%が中部地区で製造され、中部国際空港から輸送機「ドリームリフター」で、米シアトルのボーイング社の工場に運ばれている。こういった経緯から、ボーイング社はZA001を中部国際空港に寄贈し、「里帰り」を果たしていた。

   小型機以外の航空機が、普段は一般の車が走る道路を横切るのは日本で初めてだといい、全長56.7メートルの機体がゆっくりと移動した。最大の難関が施設への搬入だ。60.2メートルある主翼両端と施設の柱との距離は、70センチしかないためだ。ぶつかることなく無事に施設内の定位置に止まると、関係者からは拍手が起こった。

   なお、日本に初めて飛来したボーイング787型機は2号機の「ZA002」。ANAのトリトンブルーの塗装を施されて11年7月に羽田空港に飛来し、国内で試験飛行を繰り返した。現在は引退し、アリゾナ州のピマ航空宇宙博物館に寄贈されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中