2018年 8月 22日 (水)

退位後の住居は旧高松宮邸、その後東宮御所へ 宮内庁発表

印刷

   宮内庁は2017年12月18日、天皇陛下の退位に伴う住居の移転に関する方針を発表した。退位後、上皇上皇后両陛下(現在の天皇皇后両陛下)は、現在の御所から仮のお住まいである「御仮寓所(ごかぐうしょ)」として整備した高輪皇族邸(旧高松宮邸)に住居を移す。

   その時点から御所の改修工事を行い、新たに即位した天皇皇后両陛下は東宮御所から皇居内の御所へと住まいを移す。東宮御所の改修工事はその後に行われ、改修が終了次第、上皇上皇后両陛下が東宮御所へと住まいを移される、という流れだ。

   皇嗣同妃両殿下(現在の秋篠宮ご夫妻)は今後も秋篠宮邸にお住まいになるが、建物の老朽化などの状況を見ながら、増築改修工事を行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中