2018年 11月 17日 (土)

羽生結弦、全日本選手権を欠場 右足けが「回復」間に合わず

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本スケート連盟は2017年12月18日、フィギュア男子の14年ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦選手(23=ANA)が平昌五輪の代表最終選考会を兼ねる全日本選手権(12月21~24日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)を欠場すると発表した。

   複数のメディアの報道によると、羽生選手は連盟を通じ「全日本に向け、治療とリハビリに取り組んでまいりましたが、断念せざるを得なくなりました。今後は一日も早く、ベストな状態で練習に専念できるよう頑張りたいと思います」とのコメントを発表した。

   羽生選手は11月9日、NHK杯の前日練習で4回転ルッツを跳んで着氷に失敗し、右足関節外側じん帯を損傷した。当初は完全復帰まで4~5週間程度の見通しだったが、回復が遅れている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中