2018年 8月 17日 (金)

北海道東沖に「超巨大地震」予測 30年以内の確率は7~40%

印刷

   政府の地震調査研究推進本部・地震調査委員会は2017年12月19日、北海道の十勝沖から択捉島沖にかけた千島海溝沿いで、マグニチュード8.8以上の超巨大地震が発生する切迫性が高いと発表した。今後30年以内に起きる確率は7%から40%程度。個別の震源域では、根室沖で発生の確率が高い。

   北海道東部の太平洋側は過去、繰り返し津波に襲われたことが研究でわかっている。津波は平均で約340~380年ごとに発生。直近では17世紀前半、内陸1~4キロ付近まで浸水する津波が起きたと推定される。

   前回の発生時から400年程度経過したことを踏まえて、同委員会は「北海道沖で(東日本大震災をもたらした)東北の地震のような大きな地震が起きる可能性がある」(平田直委員長)としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中