2019年 12月 15日 (日)

紅白出演で「安室奈美恵性」が失われる? 常見陽平氏が「納得いかない」3つの理由

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「納得がいかない」――安室奈美恵さん(40)がNHK紅白歌合戦へ特別出演することに異論が出た。

   千葉商科大学国際教養学部の専任講師、常見陽平氏(43)はブログで、「特別枠」とはいえ「紅組が有利になってしまわないか」などの理由をあげ、安室さんの出演に再考を求めた。もし出演するならば、小沢健二さんなど男性歌手も投入すべきと提案した。

  • 安室奈美恵さん(C)FAMOUS
    安室奈美恵さん(C)FAMOUS

「らしくない」行為

   安室さんの紅白特別出演は、NHKが2017年12月19日に発表。03年以来14年ぶりの出演で、18年9月での引退を表明した安室さんにとって「ラスト紅白」のステージに期待が高まっている。先に発表されていた出場歌手一覧には名前がなかっただけに、特別出演の発表は一層話題を集めた。

   ところが、常見陽平氏は腑に落ちていない。17年12月20日の常見氏のブログは「納得がいかない。安室奈美恵のNHK紅白歌合戦出演についてである」の書き出しで始まる。理由は大きく3つに分けられる。

   まず「『らしくない』行為」と適示。「ファンや、国民の期待は分からなくはない」としつつ、

「常に自分のペース、世界をつくる安室奈美恵にとって、安室奈美恵らしい行為なのだろうか。これにより、彼女の安室奈美恵性が失われてしまうのではあるまいか」

と疑問を述べ、「安室奈美恵が、安室奈美恵らしく引退するためには、ここは紅白出演断固拒否の姿勢をとるべきではなかったか」と主張した。

   「安室奈美恵らしさ」とは具体的に何なのか。常見氏は20日のJ-CASTニュースの取材に、「安室さんがデビューして、社会現象を起こして、全盛期の20歳で結婚して出産したりしていったことには衝撃を受けてきました。想像もつかないことをやるなと、同世代なのに胆力のある人だなと」と話す。その上で、

「歌番組にはほとんど出演しなくなりました。そして『ライブ』という場で自己表現を続けてきました。この姿勢を貫き、紅白にも出ずに去ったほうが『伝説』になったのではないかなという気がします」

と述べる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中