2018年 7月 20日 (金)

ボーイングとエンブラエル、事業統合の可能性を協議 ブラジル大統領は売却を否定

印刷

   航空機大手の米ボーイングとブラジルの航空機メーカーエンブラエルは、2017年12月21日(米東部時間)、両社が事業統合の可能性について協議しているとする声明を発表した。しかし、どのような形での統合を目指すのかについては言及されておらず、声明では「協議に結果として取引が成立する保証はない」とも言及している。両者をめぐっては、米ウォール・ストリート・ジャーナルがボーイングがエンブラエル買収に向けた協議を進めていると報じていた。

   ボーイングは、航空機シェア3位で小型機を得意とするエンブラハムと組むことで地域路線を充実させ、ライバルである欧州のエアバスに対抗する狙い。

    ボーイングがエンブラエルを買収する方向で協議が進んでいる可能性もあるが、そのためには、経営の重要事項への拒否権のある「黄金株」を所有するブラジル政府の許可が必要。ブラジル紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」によると、ブラジルのミシェル・テメル大統領はエンブラエルの売却の可能性を否定したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中