2018年 11月 19日 (月)

ボーイングとエンブラエル、事業統合の可能性を協議 ブラジル大統領は売却を否定

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   航空機大手の米ボーイングとブラジルの航空機メーカーエンブラエルは、2017年12月21日(米東部時間)、両社が事業統合の可能性について協議しているとする声明を発表した。しかし、どのような形での統合を目指すのかについては言及されておらず、声明では「協議に結果として取引が成立する保証はない」とも言及している。両者をめぐっては、米ウォール・ストリート・ジャーナルがボーイングがエンブラエル買収に向けた協議を進めていると報じていた。

   ボーイングは、航空機シェア3位で小型機を得意とするエンブラハムと組むことで地域路線を充実させ、ライバルである欧州のエアバスに対抗する狙い。

    ボーイングがエンブラエルを買収する方向で協議が進んでいる可能性もあるが、そのためには、経営の重要事項への拒否権のある「黄金株」を所有するブラジル政府の許可が必要。ブラジル紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」によると、ブラジルのミシェル・テメル大統領はエンブラエルの売却の可能性を否定したという。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中