2019年 1月 21日 (月)

ボーイングとエンブラエル、事業統合の可能性を協議 ブラジル大統領は売却を否定

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   航空機大手の米ボーイングとブラジルの航空機メーカーエンブラエルは、2017年12月21日(米東部時間)、両社が事業統合の可能性について協議しているとする声明を発表した。しかし、どのような形での統合を目指すのかについては言及されておらず、声明では「協議に結果として取引が成立する保証はない」とも言及している。両者をめぐっては、米ウォール・ストリート・ジャーナルがボーイングがエンブラエル買収に向けた協議を進めていると報じていた。

   ボーイングは、航空機シェア3位で小型機を得意とするエンブラハムと組むことで地域路線を充実させ、ライバルである欧州のエアバスに対抗する狙い。

    ボーイングがエンブラエルを買収する方向で協議が進んでいる可能性もあるが、そのためには、経営の重要事項への拒否権のある「黄金株」を所有するブラジル政府の許可が必要。ブラジル紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」によると、ブラジルのミシェル・テメル大統領はエンブラエルの売却の可能性を否定したという。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中