2019年 1月 21日 (月)

お昼時の丸の内に「自動運転バス」 実証実験に見入る会社員も

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ソフトバンクと三菱地所は2017年12月22日、自動運転バスの実証実験を東京・丸の内で行った。両社によると、東京23区内の公道で自動運転車が走るのは初めて。

   都心のオフィス街で自動運転が披露されるのは珍しいだけに、お昼時の会社員が興味深そうに足を止めていた。

  • お昼時の丸の内に自動運転バスが走った
    お昼時の丸の内に自動運転バスが走った
  • 真横から見た様子。最大15人が乗れる
    真横から見た様子。最大15人が乗れる
  • 約40メートルのコースを2分かけてゆっくり走った
    約40メートルのコースを2分かけてゆっくり走った

レーザースキャナーで障害物を検知して事前に設定したルートを走る

   実証実験に使用されたのは、ソフトバンクグループのSBドライブ社が所有する、仏ナビヤ社製の「ナビヤ・アルマ」。運転席や前後の区別がなく、全長4.75メートル、全幅2.11メートルで立ち席を含めると15人が乗れる。

   GPSで自分の位置を測定し、レーザースキャナーで障害物を検知して事前に設定されたルートを自律走行する仕組み。丸の内のようなビル街ではGPSの電波が届きにくいため、今回の実証実験ではGPSを使わずに主にレーザースキャナーを使って運転した。係員がタッチパネルを操作するとドアが閉まり、鐘が鳴って発車。仲通りの中の一部をバリケードで囲んで作った全長40メートルのコースを、最大時速5キロで2分ほどかけてゆっくりと往復した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中