フィリピンで台風27号直撃 南部中心に犠牲者200人超

印刷

   2017年12月22日から23日かけてフィリピン南部・ミンダナオ島を直撃した台風27号は、洪水や土砂崩れと甚大な被害をもたらした。各メディアが12月25日までに報じたところによると、犠牲者は200人を超え、行方不明者も160人以上におよんでいる。フィリピンでは1週間ほど前の16日にも、台風26号が同国中部に上陸して多数の死者を出した。

   ミンダナオ島では今後も土砂災害が続く恐れがあり、12月25日時点で約7万人が避難している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中