2018年 11月 18日 (日)

紅白AKB、10曲で「決選投票」 本命はやっぱり「あの3曲」か

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHK紅白歌合戦でAKB48が歌う楽曲を視聴者の投票で決める企画で、投票対象だった53曲が上位10曲に絞り込まれ、決選投票が行われることになった。

   12月10日に発表された中間結果の上位10曲と大きく顔触れは変わっておらず、「シュールすぎる」と話題になった「ほねほねワルツ」(2007年)も生き残った。メンバーにとっても予想外の展開だったようで、横山由依さん(25)は「ここにいるメンバー、誰もやったことがない」と困惑するほどだ。J-CASTニュースの読者投票などから「本命」をさぐった。

  • 最後に残る3曲はどれ?(写真は2016年のリハーサル)
    最後に残る3曲はどれ?(写真は2016年のリハーサル)

「ほねほねワルツ」残ったのは「ファンの人がふざけている可能性」

   投票企画はAKBのシングル表題曲50曲とNHKにゆかりの深い3曲を加えた53曲が対象だったが、12月23日放送の「バナナ♪ゼロミュージック」で、上位10曲に投票対象を絞り込んで決選投票を行うことが発表された。一度投票した人も改めて投票できるようになり、12月22日までの得票との累計で上位3曲を選ぶ。

   決選投票の対象10曲に残った「ほねほねワルツ」は、06年から07年にかけて教育テレビの子ども向け番組「からだであそぼ」で披露された楽曲。当時のメンバーは全員卒業しており、「バナナ♪ゼロミュージック」に出演していた峯岸みなみさん(25)は

「私は初期メンバーなので存在は知っているんですけど、どこでもちゃんと披露したことがないような、すごいコアな曲なので、ファンの人がふざけている可能性もありますね」

と解説していた。

やっぱり「365日の紙飛行機」「11月のアンクレット」「恋チュン」?

   年内の卒業を表明している渡辺麻友さん(23)のラストシングル「11月のアンクレット」(2017年)や、連続テレビ小説シリーズ「あさが来た」の主題歌で、山本彩さん(24)がセンターを務める「365日の紙飛行機」(2015年)、指原莉乃さん(25)がセンターの「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)も引き続き入った。

   12月10日の中間発表と比べると「君はメロディー」(2016年)が外れて「Beginner」(2010年)が新たに入った。それ以外には、「夕陽を見ているか?」(2007年)「大声ダイヤモンド」(2008年)「言い訳Maybe」(2009年)「希望的リフレイン」(2014年)「#好きなんだ」(2017年)が最終候補に残っている。

   J-CASTニュースではクイズ投稿サイト「トイダス」の機能を使って、NHKの企画発表直後から「どの曲に投票するか」を読者に聞いた。12月25日正午時点では約850票が集まり、上位10曲のうち7曲がNHKの決選投票対象に入っていた。最も多かったのが「365日の紙飛行機」(24.34%)。「11月のアンクレット」(16.96%)、「恋するフォーチュンクッキー」(11.42%)、「大声ダイヤモンド」(3.92%)が続いており、3位と4位の差が大きく開いている。

   渡辺さんはツイッターで

「私も『11月のアンクレット』に再投票!」

とアピールし、指原さんは「恋チュン」への投票方法を解説した画像をリツイート(拡散)するなどして票の積み増しを図っていた。

    NHKの投票は12月30日正午まで行われ、最終結果は12月31日の本番で発表される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中