2018年 8月 20日 (月)

北朝鮮木造船の窃盗 漁協と朝鮮総連の弁済協議決裂

印刷

   北海道松前町の松前小島で発電機などを盗んだとして、北朝鮮籍の木造船乗組員3人が窃盗容疑で2017年12月9日に逮捕された事件。被害を受けた同町の松前さくら漁協と弁償を申し出た在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は12月25日、被害の弁償に関する協議を行ったものの、決裂に終わった。

   松前さくら漁協の佐藤正美組合長は協議後、報道陣に「今後交渉について私どもはないものと考えています」「法の裁きをうけていただきたい」とコメント。各メディアによると、被害額は約790万円。燃料や家電製品などがなくなったほか、発電機やボイラーが壊されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中