2020年 1月 19日 (日)

対向車と故意に「接触」実験 バイク業者の「危険すぎる」動画、法的に問題は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都内の中古バイク販売店がYouTubeで公開した動画の内容が、インターネット上で「危険すぎる」などと物議を醸している。

   問題の動画には、公道上で走行しているバイクに搭載したドライブレコーダーを故意に対向車と接触させるシーンがある。投稿者は、レコーダーの性能を試す目的だったと動画の中で説明しているが、J-CASTニュースの取材に応じた弁護士は「安全運転義務違反」の可能性を指摘する。

  • 動画には衝突の瞬間がおさめられていた(画像はYouTubeより。編集部で一部加工)
    動画には衝突の瞬間がおさめられていた(画像はYouTubeより。編集部で一部加工)

「これから走って事故ってきます」

   動画を投稿したのは、東京都武蔵村山市にある中古バイク販売店。この店では、これまでにもバイク用品のレビュー動画などを数多くYouTubeにアップしていた。

   問題の動画は2017年12月25日に公開されたもので、「バイク正面衝突事故にも耐えるドラレコ」とのタイトルが付いている。あるバイク用品メーカー(映像では社名を確認可)が販売しているドライブレコーダーの性能を試すという内容だ。

   冒頭では、店主とみられる男性が「ドラレコ衝突実験ということで、これから走って事故ってきます」と宣言し、バイクで道路を走りだす。周囲にはコンビニや信号が映っており、公道のようだ。そして、対向車線を走る車(撮影協力者が運転しているとみられる)のミラー部分にレコーダーをぶつけている。

   この動画では、レコーダーが撮影した衝突の瞬間の映像を紹介。衝突後にレコーダーの映像が「横向き」になったことから、どうやら、ぶつかった衝撃でレコーダー部分が取り外れたか、バイクの車体そのものが横に倒れたようだ。

   その後、男性はレコーダーが撮影した映像を振り返りながら、

「衝突の瞬間までしっかり映っています。ナンバーも、相手のドライバーの顔も映っています。激突の瞬間には映像がぐにゃぐにゃと歪んでしまいますが、その後も普通に録画はされ続けています」

などと商品を好意的にレビュー。「思いっきりぶつけたにも関わらず、傷はつきましたが壊れてない!」とも話していた。

   また、動画の中で男性は、今回の「実験」ではバイクと対向車の双方が時速40キロで走っていたとも説明。激突の衝撃で車のミラーが大きく破損したとも報告し、ミラーのカバーに穴が空いた様子を映像で紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中