2018年 7月 18日 (水)

AKB、紅白リハ振り付け「30パターン」 指原も「困ってます」ワケ

印刷

   AKB48がNHK紅白歌合戦で披露する楽曲を視聴者の投票で決める企画が2017年12月30日の正午に締め切られた。

   投票結果が発表されるのは31日の本番で、30日午後に行われたリハーサルは、29日のリハーサル時に抽選で決めた「大声ダイヤモンド」(2008年)、「ほねほねワルツ」(2007年)、「11月のアンクレット」(2017年)の3曲で行われた。「決選投票」の候補は10曲もあり、メンバーが覚えた振り付けは全30パターン。指原莉乃さん(25)は「困ってます」とこぼしていた。

  • 左から松井珠理奈さん、山本彩さん、指原莉乃さん、渡辺麻友さん、紅組司会の有村架純さん。リハーサルで熱心に画面を見入っていた
    左から松井珠理奈さん、山本彩さん、指原莉乃さん、渡辺麻友さん、紅組司会の有村架純さん。リハーサルで熱心に画面を見入っていた
  • リハーサルでは「11月のアンクレット」が披露された。今回の紅白を最後にAKBを卒業する渡辺麻友さんがステージにマイクを置く演出が特徴だ
    リハーサルでは「11月のアンクレット」が披露された。今回の紅白を最後にAKBを卒業する渡辺麻友さんがステージにマイクを置く演出が特徴だ

「本番の楽曲は本当に知らない」

   当初は53曲が投票対象だったが、12月23日から上位10曲による「決選投票」が行われていた。指原さんが

「リハーサルの楽曲は知ってるんですけど、本番は本当に知らないんです。困ってます。30パターン覚えました」

と、目を丸くして話すと、白組司会の二宮和也さん(34)が

「何で断らないんだろうね?」

と煽り、指原さんも

「断りたかったんですけどね」

と応じていた。

山本彩は「365日の紙飛行機」推す

   「11月のアンクレット」は、今回の紅白を最後にAKB48を卒業する渡辺麻友さん(23)にとっては最後のシングル曲で、山口百恵さん(58)の引退公演ばりに最後にステージにマイクを置く演出が特徴。渡辺さんは

「最後のステージで、絶対に私のセンター曲である『11月のアンクレット』を歌って、卒業できたらいいなと思っています」

   と意気込んだ。

 

   山本彩さん(24)は、自らがセンターを務めた、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」(2015年)を、

「思い出深い曲なので、是非ランクインしてほしいと思っています」

   と推していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中