2019年 4月 21日 (日)

あの富岡八幡宮への初詣に賛否 「普通の感覚なら行かない」「事件と神様は別」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   女性宮司らの殺傷事件が起きた東京都江東区内の富岡八幡宮で、初詣に対するネット上の見方が分かれている。

   大晦日の2017年12月31日は、深夜になっても参拝客がまばらな様子がテレビのニュースで流れた。

  • 富岡八幡宮
    富岡八幡宮

三が日は、人出が大幅に減少と報じられる

   年明け15分前ごろになって、ようやく本殿の前に行列ができる。日付が変わった瞬間には、若者らが手を上げて新年を祝い、歓声も沸いた。

   とはいえ、例年なら参道から大通りまで達する大行列はできなかった模様だ。18年の三が日は、例年約15万人が参拝に訪れるが、人出が大幅に減少したと報じられている。神社周辺の商店街でも、訪れる客が少なかったとの声が出ていた。

   事件があっても参拝した人は、どんな考えをしていたのか。

   1月4日放送の情報番組「ビビット」(TBS系)のインタビューでは、30代男性は、「毎年来ているので、今さらもう変える気はない」と話した。60代女性は、「子供たちのお宮参りとか七五三とかいろんなこと、こちらの氏神様なので、お世話になっておりますから」と言う。

   また、混んでないと期待して来たという40代のカップルは、「逆に来てよかった」と打ち明けていた。

   ニュースのコメント欄などでは、参拝についての意見が分かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中