市民の声「救急隊員が、自販機で飲み物を買っていた!」 「何が悪い?」とネットあきれ

印刷

   大阪市消防局の救急隊員3人が搬送後に自販機で飲み物を買って救急車の中で飲んでいたことについて、市民から問い合わせがあり、市がウェブサイト上で説明した。

   ネット上では、この問い合わせは理由のないクレームだとして、疑問や批判が相次ぐ騒ぎになっている。

  • 大阪市のウェブサイトから
    大阪市のウェブサイトから

「血液拭き取りなどに労力使い、水分補給必要だった」

   問い合わせは、大阪市に「市民の声」として寄せられ、市消防局とのやり取りが2018年1月1日に市のサイト上で掲載された。

   それによると、問い合わせ主は、17年11月13日早朝、浪速区内の病院で救急隊員らが患者を搬送後、数メートル離れた自販機で飲み物を買い、救急車の中で飲んでいるのを目撃した。このような行動は初めて見たうえ、なかなか車を出さないと感じたとして、「勤務中のこのような行動はありなのでしょうか?」とこの日のうちに問いただした。

   これに対し、市は、11月24日に回答した。それによると、救急隊員から聞き取りを行った結果、患者からの血液付着が多く、拭き取りと消毒に労力と時間がかかったため、次の出場に備え水分補給を行う必要があったと判断した。そして、「今回の場合、飲料水の購入はやむを得なかった」として、理解を求めている。

   ネット掲示板やツイッターなどでは、1月4日ごろからこのやり取りが大きな話題になり、救急隊員を擁護する声が大勢を占めている。

「何が悪いんだよ?」「搬送中に飲んだのならともかく搬送後なんだろう?」「酒とかビールならまだしもドリンク飲んだらダメとかわけわからん」「こんなのにまともに回答する必要ない」......

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中