2018年 9月 20日 (木)

大阪大、昨年入試で出題ミス発表 30人を追加合格に

印刷

   大阪大学は2018年1月6日、「平成29年度一般入試(前期日程)」などの理科(物理)で出題と採点に誤りがあり、改めて採点と合格者判定を行ったところ、理学部や医学部などから、新たに計30人の合格者が出たことを発表した。

   大阪大の公式ホームページの発表によると、大阪大は外部から3度の指摘を受け、3度目の指摘を受けて行った確認の結果、17年12月19日に外部の指摘が正しいことが明らかになり、今回の対応に至った。発見から対応までの遅れについては、「外部からの指摘に対して、組織的対応の仕組みを構築していなかった」としている。

   これを受けて、大阪大の西尾章治郎総長はコメントを発表し、

「受験生の将来に極めて大きな影響を及ぼす事態を起こしたことにより、受験生やご家族をはじめ関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたことに、大阪大学を代表して深く反省するとともに、このことの重大性を認識し、心より深くお詫びを申し上げます」

と謝罪した。大阪大は17年12月13日にも、不正アクセスにより個人情報が漏えいしたことを発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中