2018年 12月 19日 (水)

慰安婦合意、日本は「大人の対応」せよ? 韓国メディア大合唱、国内からも...

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2015年末の慰安婦をめぐる日韓合意は、韓国は日本側に再交渉を求めないものの、日本が元慰安婦の名誉回復に向けた「努力を続けることを期待する」ことを表明した。

   文在寅(ムン・ジェイン)政権としては、国内世論と日韓関係のバランスを取った苦肉の策ともいえそうだ。韓国政府は日本政府に対して直接の追加対応を要求しているわけではない。ただ、これまで合意の再交渉や、検証プロセスに批判的だった韓国メディアからは、日本側の責任を指摘したり、新たな対応を主張したりする声が噴出している。

  • 2015年の日韓合意「再交渉」は、ひとまずなくなったが…(写真は外務省ウェブサイトから)
    2015年の日韓合意「再交渉」は、ひとまずなくなったが…(写真は外務省ウェブサイトから)

河野外相「我が国として全く受け入れることはできない」

   康京和(カン・ギョンファ)外相は2018年1月9日午後に記者会見し、再交渉は要求しないとする一方で、

「被害者の名誉・尊厳回復と心の傷を癒やすための努力を続けることを期待する」

と述べた。河野太郎外相は直後に、

「日本側に対してさらなる措置を求めるということは我が国として全く受け入れることはできない」

とコメントし、強く反発した。

   翌1月10日付の韓国紙の社説では、河野氏の発言への反発が相次いだ。合意見直しを主張していた京郷新聞は、河野氏の「残念」で「相手の立場を踏まえない反応を疑問に思う」と非難。再交渉を要求しなかったのは韓国側には「政治的負担」で、日本側も同様の負担をすべきだと言わんばかりの主張を展開した。

「日本政府が韓日関係の復元を希望するならば、韓国政府が政治的負担を負って『合意を維持』の方針を明らかにしたことを大局的に受け止めるべきだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中