小泉・細川元首相、「脱原発法案」提言 超党派で提出目指す

印刷

   小泉純一郎(76)、細川護熙(79)両元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が2018年1月10日に衆院第1議員会館で会見し、脱原発に向けた「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の骨子を発表した。

   国内の原発の運転を即時停止させ、新増設も認めないとする内容。自民党を含む全政党に支持を呼びかけ、1月22日開会の通常国会で超党派での法案提出を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中