あの伝説の「ささやき女将」がテレビで会見を回顧 ネット「今見ても面白い」「いまだにこのネタ使う」

印刷

   あの「ささやき女将(おかみ)」が久々にテレビに姿をみせた。料亭の不祥事会見の際、回答に窮する隣の長男に「小声」で模範の回答を教え、その音声がマイクに拾われてしまった、あの人物だ。

   伝説の会見から10年以上。テレビのインタビューに答え、元気そうな様子をみせると、ツイッターでも「なつかしすぎる」「今見ても面白い」と話題になっていた。

  • 伝説の「ささやき女将」登場(画像はバイキングの公式ページから)
    伝説の「ささやき女将」登場(画像はバイキングの公式ページから)

「それはない。それはない」

   2018年1月11日放送のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)は、数々の「伝説の記者会見」を取り上げた。その中に、07年末にあった船場吉兆の「ささやき女将」会見映像もあった。

   当時、大阪市に本拠を置く料亭だった船場吉兆が、産地偽装や賞味期限切れ食品の提供などの問題を起こし、釈明会見を開いた。女将の湯木佐知子さんや、長男で専務の喜久郎氏らが出席。記者からの質問への回答に詰まる喜久郎氏の右隣に座る女将は、

「それはない。それはない」
「頭が真っ白になっていた」

などと、ささやき声で回答すべき内容を伝えた。そして、その音声がマイクにはっきりと拾われていた。

   この一連の様子が「面白い」「笑える」と評判になり、「ささやき女将」という言葉まで生まれ、08年の新語・流行語大賞にノミネートされた。

   今回、「バイキング」のインタビューに答えた佐知子さんは御年80歳。白髪に白っぽい洋服姿で、当時の会見について、

「横で答えに詰まっている息子を何とか助けてやりたい一心で、(ささやきが)出てしまった」
「マイクの性能が優れていて、丸聞こえになっているとは夢にも思いませんでした」

と、淡々とした様子で振り返っていた。番組では、船場吉兆が会見の翌年に閉店したことや、その数年後に次男が大阪・北新地で新しい日本料理店を開業したことなども紹介。佐知子さんは女将を引退し、今では「時折、店でアドバイスを送っている」そうだ。

「やっぱりアドバイス送ってるんですね」

   スタジオに戻ると、司会の坂上忍さんが

「やっぱりアドバイス送ってるんですね」

と感想をもらすと、出演者らから笑い声がもれていた。

   放送後、ツイッターでは

「ささやき女将、今見ても面白いな」
「ちょう笑ったwwwなつかしすぎる」
「いまだにこのネタ使うぐらいに強烈だよな」

と懐かしんだり、喜んだりする反応が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中