2019年 12月 15日 (日)

日経新聞校閲「今年の私のパワーワードは『婚約者と別れた』」 使い方がおかしいとツッコミ殺到

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「パワワってなんだよチワワかよ」

   さらに「パワワと略されます」との記述をめぐっても、

「まずパワワって略すの初めて聞いたわ なんか間抜けやな」
「パワワなんて略す人見たことない」

との指摘が相次いだ。

「『パワーワードはパワワと略されます』というパワーワード」
「『パワワ(By日経新聞校閲担当)』こそがパワーワードかと」

との皮肉めいた声や、ツイッターで人気を博したウェブアニメ「月曜日のたわわ」になぞらえた

「パワワ、月曜日のたわわみたいで語感がw」
「パワワなんて聞いたことないな...。たわわなら毎週月曜によく見たけど」

との声もみられる。

   論より証拠だ。ネットで調べれば、何か分かるかもしれない。

   記者はそう思ってグーグルで「パワワ」と検索したが、「チワワとパグをミックスしてみた結果w」などのサイトが表示されるばかり。ツイッターでも、「パワワってなんだよチワワかよ」との声が上がっている。

   日経の広報室は11日のJ-CASTニュース編集部の取材に、

「新しく生まれたことばも、使われ方を確かめながら紙面づくりに生かしていきたいと思います。一つのことばの受け止め方は人それぞれであることを改めて勉強できました。略語については三省堂による記述などを参考にしました」

と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中