2018年 12月 19日 (水)

尖閣めぐりあの中国メディアに異変? 「日本が熟考すれば中日関係は着実に改善」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本政府は「緊張を高める行為」などとして中国側に厳重抗議したが、中国側は領有権を主張し、抗議を受け入れなかった。これは「いつも通り」の流れだが、有力中国メディアのひとつは、領有権の主張は曲げないものの、日本側が実効支配していることは認めるなど、従来と比べて抑制的な論調を展開した。

  • 尖閣諸島の周辺地図。接続海域を中国軍艦が通過した
    尖閣諸島の周辺地図。接続海域を中国軍艦が通過した

日本側の行動は「領土主権守る固い決意を揺るがすことできない」

   防衛省の発表によると、潜水艦と中国海軍のフリゲート艦が2018年1月11日、沖縄県の尖閣諸島の大正島周辺の接続水域内を通過した。中国軍艦がこの水域を通過するのは16年6月に続いて2回目で、潜水艦は初めて。1月11日時点で防衛省は潜水艦の国籍を明らかにしていないが、中国海軍に所属している可能性がある。今回の事案では領海侵犯は確認されておらず、接続水域を航行すること自体は国際法上問題ないが、菅義偉官房長官は1月11日の会見で、中国側の動きを

「緊張を高める行為で、我が国として深刻に懸念する」

と非難。中国側に抗議したことも明らかにした。

   中国外務省の陸慷報道局長は、海上自衛隊の艦艇が先に水域に入ったとして、

「中国海軍が日本側の艦艇の活動を監視・追跡していた」

と主張。

「日本側の行動は、釣魚島が中国に属するという確立された事実を変えることも、釣魚島の領土主権を守る固い決意を揺るがすこともできない」

などと従来どおり尖閣諸島の領有権を主張しながら、

「中国側は日本側に対して、釣魚島(尖閣諸島の中国側の呼称)問題で面倒を起こすのを止めるように求める」

とした。中国政府の主張と一線を画しているのが中国共産党系の環球時報が1月11日にウェブサイトに掲載した社説。対日批判が多い同紙にしては抑制的な内容だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中