2018年 9月 22日 (土)

京大食堂の定番メニューに何が 「こだわり南瓜煮」から「こだわり」が消えた

印刷

   「こだわり」がなくなった――? 京都大学の生協食堂のあるメニューに、文字通りのそんな変更があった。

   人気の「こだわり南瓜煮」が、食材高騰を背景に2018年1月4日から「南瓜煮」に変わった。

  • 京都大学の食堂に掲示された貼り紙(写真提供:安田英雄(45)(泡沫)(@gingoke)さん)
    京都大学の食堂に掲示された貼り紙(写真提供:安田英雄(45)(泡沫)(@gingoke)さん)

「こだわり南瓜煮 組価86円 → 南瓜煮 組価64円」

   あるツイッターユーザーが9日に投稿したのは、「メニュー変更のお知らせ」の貼り紙を撮った写真。そこには、「食材高騰のため、下記メニューを変更いたします。申し訳ありません」として、次のように記載がある。

「こだわり南瓜煮 組価86円
 ↓
南瓜煮 組価64円」

   そして「なにとぞご事情をご賢察の上、御理解いただきますようお願い申し上げます」と書き添えている。掲示されていたのは、京都大学の西部構内にある生協食堂「カフェテリアルネ」。ユーザーはツイートに「こだわりを撤する」と書いており、どこか物寂しそうだ。

   文字通りの「こだわり」がなくなってしまった南瓜煮、どんな事情があったのか。

   京大生協食堂部の担当者は12日、J-CASTニュースの取材にまず、

「『こだわり南瓜煮』86円と『南瓜煮』64円の2つの副菜メニューがあり、京大生協では『こだわり南瓜煮』を今まで提供していました」

と説明。その上で「組合員と試食会を行い、より支持の高かった方を日常的に提供すると言うことで『こだわり南瓜煮』が選ばれました」と経緯を明かす。

「86円で提供することが困難になりました」

   両者の違いは何か。担当者は「『こだわり南瓜煮』は、生の南瓜をカットし、店舗で炊くと言うメニューです。生の南瓜をほっこりと炊きあげるために『こだわり南瓜煮』というメニュー名でした。『南瓜煮』は、冷凍のカットされた南瓜を店舗で炊くというメニューです」としている。前者は「生」、後者は「冷凍」のカボチャという違いがあり、

「『こだわり南瓜煮』と『南瓜煮』では、南瓜の使用分量も違い、全く別のメニューと言うことです」

と説明した。

   カボチャは「エネルギー量もあり、栄養価の高い緑黄色野菜であり、学生組合員に是非とも食べて頂きたい副菜」とのことで、「こだわり南瓜煮」は人気メニューの1つだった。10年ほど前から学内の全食堂で提供を続けていたという。

   それがこのタイミングで変更に踏み切った背景には、高騰する野菜市場がある。

「昨今の野菜価格の高騰が影響し、生の南瓜の仕入れ価格が高騰し86円で提供することが困難になりました。南瓜は組合員に是非とも食べて頂きたい副菜でもありますが、食材原価の高騰で86円から値上げしてしまっては、副菜として食べて頂く事が出来ないのでは無いかと言うことで、仕入れ価格が比較的安定している冷凍南瓜を使用した『南瓜煮』を提供することにしました」

   農林水産省が10日に発表した食品価格動向調査結果によると、17年12月25~27日の野菜価格の全国平均は、平年比でキャベツ2.1倍、レタス2.38倍、ダイコン2.02倍など、調査対象の5品目すべてで大きく値上がりした。

   生協担当者は「組合員が食べたい『こだわり南瓜煮』を値上げして提供することよりも、少しでも栄養バランスを取ってもらえるように『南瓜煮』に変更したということです」としている。食堂の小鉢1品ながら、世情を反映した現象と言えそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中