藤井四段、佐藤名人に勝利 次の相手は羽生2冠

印刷

   将棋の藤井聡太四段(15)は2018年1月14日、佐藤天彦名人(29)に第11回朝日杯将棋オープン戦で対局し、121手で勝利、ベスト4に進んだ。中学生でプロ入りした藤井四段が、公式戦で初めてタイトル保持者に勝つ快挙となった。

   2月17日の準決勝では、羽生善治2冠(47)=棋聖(きせい)、竜王(りゅうおう)=と公式戦で初対戦となる。

   藤井四段は愛知県出身の最年少プロ棋士。2017年、公式戦で29連勝を果たし、それまで神谷広志氏がもっていた28連勝の記録を30年ぶりに塗り替えて歴代最多となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中