2018年 8月 19日 (日)

大相撲初場所初日 立行司「代役」が差し違え 

印刷

   2018年1月14日の大相撲初場所初日、小結・貴景勝が横綱・稀勢の里をとったりで破った。この一番で、行司の軍配差し違えが起きた。

   結び前の横綱戦は本来、立行司の第40代式守伊之助が裁くはずだが、伊之助が「セクハラ問題」で3場所の出場停止処分を受けており、代わって取り組みを裁いたのは三役格行司の式守勘太夫。稀勢の里に軍配を上げたが、すぐに物言いがついて審判団の協議が行われた。その結果、稀勢の里の左ひじが先に地面についたと判断され、差し違えで貴景勝の勝ちとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中