2018年 11月 14日 (水)

羽生結弦(14)、パパ呼びでファン悶絶 「天使すぎ」「やばい萌え」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   フィギュアスケート平昌五輪代表の羽生結弦選手(23)が、14歳当時に「パパ」という呼称を使用していたことがドキュメント番組で分かり、プライベートの一端を見たファンが「やばい萌え」と悶える一幕があった。

   羽生選手は2018年1月15日未明(14日深夜)の「NNNドキュメント『絶対に勝ってやる!羽生結弦 自分への挑戦』」(日本テレビ系)で、密着を受けた。その中で、子どもの頃から書き続けている「スケートノート」がカメラに映る場面があった。

  • 羽生結弦選手(2014年4月撮影)
    羽生結弦選手(2014年4月撮影)

画面に映り込んだノート下部の「感想」

   羽生選手は「これはジュニアの最初。順番的には...こんな感じかな」と言いながら、机上の5冊のノートを並べ替えた。順に「これはソチ(五輪)後くらいまで。これは『SEIMEI』の時で、これは最近...すごく使ってる感あるでしょ」と手に取って笑った。

   小学生の時から書きためているというその「スケートノート」には、演技の注意点や気付いたことなどを記録している。「調子が悪くなって何が何だか分からなくなったときに、結構昔の自分の言葉を見て頑張っています」とヒントを得ることもあるようだ。

   番組でカメラが映したのはジュニア時代の14歳当時の記述。「普通の練習の時の注意」として、トリプルアクセル(3A)について「バックアウトからふみきりに入るときに上体を動かさない」「左足を曲げる」といった細かい動作のポイントが書かれていた。

   だが視聴者はまったく別の点にも注目していた。画面に映り込んだノート下部の「感想」にはこんな記述がある。

「パパにおととい怒られて、3Aであまりパンクしないようにしたら、3Aが久しぶりにきれいに飛べた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中