2018年 10月 17日 (水)

阪神・淡路大震災から23年 神戸市や淡路市で追悼行事

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   1995年1月17日5時46分に発生した阪神・淡路大震災から、2018年1月17日で23年となり、犠牲者を悼む行事が兵庫県神戸市や淡路市で開かれた。

   神戸市では中央区の東遊園地で「阪神淡路大震災1.17のつどい」が17日夜まで行われている。NHKなどによると、参加者は地震が発生した5時46分に黙とうをささげ、須磨区に住む崔敏夫さんが遺族代表として追悼のことばを述べた。7時段階で、約3700人が集まったという。

   淡路市では北淡震災記念公園に遺族など200人が集まり、公園の池に灯ろうを浮かべたり、復興を願い作られた歌「しあわせ運べるように」を歌うなどして追悼の意を表したという。

   阪神・淡路大震災は淡路島北部を震源地として発生した。神戸市須磨区鷹取や灘区六甲道などでは震度7を記録し、死者6434人を出す甚大な被害をもたらした。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...