2018年 8月 20日 (月)

阪神・淡路大震災から23年 神戸市や淡路市で追悼行事

印刷

   1995年1月17日5時46分に発生した阪神・淡路大震災から、2018年1月17日で23年となり、犠牲者を悼む行事が兵庫県神戸市や淡路市で開かれた。

   神戸市では中央区の東遊園地で「阪神淡路大震災1.17のつどい」が17日夜まで行われている。NHKなどによると、参加者は地震が発生した5時46分に黙とうをささげ、須磨区に住む崔敏夫さんが遺族代表として追悼のことばを述べた。7時段階で、約3700人が集まったという。

   淡路市では北淡震災記念公園に遺族など200人が集まり、公園の池に灯ろうを浮かべたり、復興を願い作られた歌「しあわせ運べるように」を歌うなどして追悼の意を表したという。

   阪神・淡路大震災は淡路島北部を震源地として発生した。神戸市須磨区鷹取や灘区六甲道などでは震度7を記録し、死者6434人を出す甚大な被害をもたらした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中