2018年 8月 21日 (火)

新幹線で異音、異臭のトラブル続く

印刷

   2018年1月16日午前、博多発東京行きの東海道・山陽新幹線「のぞみ20号」で車掌が異音を確認した。停車駅でない姫路駅で床下を点検したが、異常は確認されなかったため新大阪駅まで運行した後、乗客を降ろして別の車両と交換した。

   また同日午後には、新大阪発博多行きの「こだま741号」で駅員が異臭を確認した。福山駅で床下点検を実施したが、異常は見当たらなかったため博多駅まで運行を続けた。

   いずれも主要メディアが1月16日に報じた。

   新幹線をめぐっては2017年12月、博多発東京行きの「のぞみ34号」の台車に亀裂が入る問題が発生。国の運輸安全委員会によって「重大インシデント」に指定された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中