「ドタキャンなんかしてません!」 菅官房長官、東京新聞望月記者に声荒らげる

印刷

   菅義偉官房長官が2018年1月16日午後の記者会見で、記者の質問に対して「ドタキャンなんかしてません!」と声を荒らげる一幕があった。

   ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が安倍晋三首相との面会を希望したのに対して政府が日程上の都合を理由に断ったことを受け、東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者が野党の発言を紹介しつつ面会の実現について質した。その中で望月氏は、16年に「表現の自由」をめぐる調査のために来日したデビッド・ケイ国連特別報告者との面会を「政府側がドタキャンしたという経緯があった」と主張し、菅氏が「事実に基づいて質問してください」と反発した。質問は「事実に基づいて」いたのか。

  • 官房長官会見で挙手する東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(写真右、2017年6月撮影)
    官房長官会見で挙手する東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者(写真右、2017年6月撮影)

「日程の都合上難しいということで、それ以上でもそれ以下でもない」

   フィン事務局長との面会をめぐっては、菅氏が1月15日午前の会見で

「外務省から日程の都合上、(面会)できない旨を回答したところ」

などと説明していた。面会の実現を求める声が多いことについては

「日程の都合上難しいということで、それ以上でもそれ以下でもない」

とした。

   安倍首相や菅氏との面会は実現しなかったが、佐藤正久外務副大臣が1月16日に行われた与野党10党・会派との討論会に出席し、

「核兵器禁止条約に署名することはできないが、現実的に核軍縮を追求する考え」

と従来の日本政府の主張を展開した。

「ナンバーツーである菅さんご自身」...

   望月氏は16日午後の会見で政府の対応を問題視。共産党の小池晃書記局長が

「本当に恥ずかしいと言わざるをえない」

などと政府の対応を批判したことを紹介しながら、

「これは日程調整をなんとかして、核なき平和を互いに前進させるためにも、予定を変えて会うことを検討していないのか。首相が会えない場合、ナンバーツーである菅さんご自身、ICANの事務局長と会うことはご検討していないのか」

と主張した。菅氏は

「まず私はナンバーツーではありません。いずれにしろ、この件については昨日も質問があって、昨日答えたとおり」

と答弁。これに対して望月氏は、16年11年のケイ氏来日を引き合いに、

「菅さんや高市総務相(当時)とご面会したいという時も、政府側がドタキャンしたという経緯があった」

として、改めてICANとの面会を尋ねた。

「世界にメッセージを発信していくということの必要性を、どの程度政府は今、真剣に考えているのか」

   菅氏は立腹した様子で

「ドタキャンなんかしてません!事実に基づいて質問してください。以上です」

と言い残して会見を打ち切った。なお、望月氏は安倍氏だけではなく菅氏がICANとの面会に応じない理由についても質問している。菅氏はこの点については答弁していない。

内閣総理大臣の臨時代理は麻生氏→菅氏の順

   菅氏が主張するように、望月氏は「事実に基づいて質問」していないのか。まずは「ナンバーツー」の問題から。内閣法では内閣総理大臣の臨時代理を指定することになっており、現在の内閣では最初に指定されているのが麻生太郎副総理兼財務相で、菅氏はその次。内閣法上は菅氏は「ナンバースリー」ということになる。閣議の席順は、序列が高い順に安倍氏、麻生氏、茂木敏充経済財政・再生相。ここでも菅氏は「ナンバーツー」ではない。

   では、「ドタキャン」はどうか。「ドタキャン」とは「直前になって約束を破棄する意の俗語」(広辞苑第7版)で、今回のケースに当てはめれば、一度は面会の約束が成立している必要がある。

   高市早苗総務相は16年4月22日の会見で、ケイ氏は面会日程を2つ指定してきたが、いずれも国会日程で調整できなかったため、副大臣や情報流通行政局長が対応したと説明していた。

   ケイ氏も4月19日の記者会見で、「国会日程で多忙」だとして高市氏から面会を断られたことを明かしている。この会見では、菅氏への面会要請に関する話題は出なかった。これらの発言からは、政府が「約束を破棄」したと読み取ることは困難だ。

   望月氏は1月17日午前の会見でも、

「こういった(日程を理由に面会を断る旨の)発言そのものが、核なき平和を目指していこうという動きに逆行しているという批判が野党議員から聞こえた」 「会談のこと、参加条約の効果・効能について話し合っていくということについての政府の姿勢をお願いします」

などと質問し、菅氏は

「あのー、昨日答えたとおりです」

と応じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中