朝日新聞阪神支局襲撃事件で重傷 犬養記者死去、73歳

印刷

   いわゆる「赤報隊」による朝日新聞襲撃事件で重傷を負った元朝日新聞記者の犬飼兵衛(いぬかい・ひょうえ)さんが2018年1月16日、急性心臓死の疑いで香川県内の病院で死去していたことがわかった。73歳だった。朝日新聞が19日、報じた。

   犬養さんは1987年5月3日夜、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で、いっしょに勤務していた小尻知博(こじりともひろ)記者(当時29)とともに、目出し帽をかぶって侵入してきた男に至近距離から散弾銃で撃たれ、200個以上の散弾粒を浴び、右手の小指と薬指を失った。小尻記者は4日未明に死亡した。

   事件後、「赤報隊」名の犯行声明文が送りつけられたが、本件も含め、東京本社銃撃(87年1月)、名古屋本社寮襲撃(同9月)、静岡支局爆破未遂(88年3月)など一連の朝日新聞襲撃事件(警察庁広域重要指定116号)は全てが未解決。03年3月までに公訴時効となった。

   犬飼さんは退院後再び記者に戻っていたが、07年に退職していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中