2018年 6月 18日 (月)

保守論客の西部邁さん死去 言論界は「貴重な思想家を失った」

印刷

   保守派の評論家で元東京大教授の西部邁さんが2018年1月21日、死亡したと、複数のメディアが同日夕、報じた。78歳だった。自殺とみられている。

   保守派の重鎮に訪れた突然の訃報に、言論界は「貴重な思想家を失った」と悲しみにつつまれている。

  • 西部邁さんの最新刊
    西部邁さんの最新刊

新著を出したばかりだった

   TBSなどの報道によると、1月21日6時30分すぎ、東京都大田区田園調布5丁目の多摩川で、「父親が飛び込んだようだ」と西部さんの息子から110番通報があった。警視庁が川で流されている西部さんを見つけ救助したが、搬送先の病院でまもなく死亡が確認されたという。

   西部さんは1939年、北海道生まれ。東京大に入学し、60年の安保闘争に参加した後、86年に東大教養学部教授に就任。真正保守を標榜する言論誌「発言者」(現在は廃刊)の主幹を務め、現在は後継誌「表現者」の顧問を務めていた。

   テレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ」でも活躍した。最近では2017年12月、新著「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」(講談社現代新書)を刊行し、亡くなる前日の18年1月20日に放送された「西部邁ゼミナール」(TOKYO MX)に出演していた。

東浩紀「もういちどお会いしたかった」宮台真司「泣いています」

   西部さんの訃報を受けて、ツイッターでは著名人から惜しむ声が相次いでいる。

   元東京都知事の舛添要一氏は、

「30年前、東大改革に失敗して、村上、公文、西部、私の4人が辞表を出した。その後、『朝まで生テレビ』などで、保守陣営から、左翼の似非改革主義者と闘ってきた同志だ。悲しい。今は似非保守主義者と闘う時代なのに、貴重な思想家を失った。ご冥福をお祈りする」

と哀悼の意を表した。

   批評家の東浩紀氏も、

「いちど長い会話をしたことがあったけど、あれももう10年以上前。もういちどお会いしたかった。心より、ご冥福をお祈りいたします」

とツイート。社会学者の宮台真司氏も

「悲しくて泣いています。かつて僕と激突して番組を退席された後、先生は楽屋で最後まで待っておられて僕を励ましてくれました」

とつぶやいた。

   保守論壇に詳しい著述家の古谷経衡氏は、

「ネット右翼に全く媚びず、保守とは何かの神髄を説き続けた偉大な思想家であったが、後進が存在しない以上、保守言論界における痛手は極めて大きい」

と説いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中