2021年 1月 17日 (日)

「台湾の光」馬嘉伶、AKB史上初「外国人選抜メンバー」に故郷でも反響

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

「おったまげ~!」でブレイク

   この数か月後から注目度が上がり始めた。17年5月にはバラエティー番組「AKBINGO!」(日本テレビ)に初登場し、司会のウーマンラッシュアワー・村本大輔さん(37)から「日本に来てから覚えた日本語」について聞かれて答えた単語が「おったまげ~!」。この「おったまげ~!」が番組内でしばしば登場するようになり、番組出演の機会も増えた。

   こういった知名度の向上が選抜メンバー入りにつながったとみられ、台湾メディアは、

「ネット利用者は『台湾の光』と称賛している」(自由時報)
「苦節2年」(嘘!星聞=聯合報のニュースサイト)

などと伝えた。アップルデイリーは

「AKB48版周子瑜!」

と見出しを立てた。「周子瑜」とは韓国のガールズグループ「TWICE」メンバー、ツウィさん(18)さんの本名だ。ツウィさんは台湾出身。有名グループのメンバーとして国外で活躍する姿を馬さんと重ねたようだ。

   現在、台湾・台北を拠点に活動する「TPE48」発足に向けたオーディションの選考が進んでおり、2月4日に結果が発表される。馬さんと同期の「AKB48台湾オーディション」合格者6人も、TPE48に加入できるようになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中