2019年 9月 19日 (木)

このポプテピピックってなんなの...? 過熱する「クソアニメ」現象

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「秋葉原のアニメイト前何が起きてるんだ...」「この人だかりは何だ?」「秋葉原メイト前人ヤバい」――2018年1月21日午後、こんなツイートが相次いで発せられた。

   投稿された写真に映る、東京・秋葉原のアニメショップ「アニメイト」前は、歩道どころか、歩行者天国となった車道まで埋め尽くすほどの黒山の人だかりだ。教科書に載っている「米騒動」の写真もかくや、という状態である。

  • 公式サイトより
    公式サイトより

アニメ化に当初は半信半疑だったファンも...

   騒動の主人公は、TOKYO MXなどで放映中のアニメ「ポプテピピック」である。この日、秋葉原アニメイトで、登場キャラの「ポプ子」のお面を無料配布する、というイベントを直前告知、結果大量のファンが集まったのだ。

   あまりの事態に警察も出動、「危険な事態」との判断から、結局配布は中止になってしまった。

   アニメファン界隈では、1月6日の放送開始以来、「信者」と「アンチ」を巻き込んで大きな反響を巻き起こしているポプテピピックだが、いったいどんな作品なのか。

   原作は、2014年から竹書房の漫画配信サイト「まんがライフWIN」で断続的に連載されている大川ぶくぶさんの作品だ。大川さんのポップな絵柄もあって、一見するとかわいらしい雰囲気なのだが、単行本1巻の表紙からして主人公の「ポプ子」と「ピピ美」が中指を立てているなど、いきなり不穏な雰囲気である。

   中身は女子中学生・ポプ子とピピ美のやりとりを中心とした4コマ漫画だが、見た目に似合わぬ殺伐とした発言や、シュールなギャグ、他漫画やアニメのパロディー、きわどい時事ネタなどがこれでもかと連発される。連載元の竹書房を「指定暴力団」呼ばわりしたり、社屋を破壊したりしたことも。

   ツイッターなどSNSなどで人気が加速し、カフェなどとのコラボイベントも相次いで成功、そして2018年1月、3か月の開始延期を経て、満を持してアニメ化された。

   「クソ4コマ」を自ら称する原作を、いったいどうやってアニメ化するか、ファンの間ではある種半信半疑、といったムードだったが、6日に第1話は予想の斜め上を行く内容に。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中