2018年 6月 20日 (水)

スカパラ、ネット指摘で?ジャケット差し替え 「藤子F」風デザイン...小学館は「コメント差し控える」

印刷

   音楽バンド「東京スカパラダイスオーケストラ」の新シングル「ちえのわ feat.峯田和伸」のジャケット画像が、インターネット上で議論を呼んでいる。

   ジャケットは、漫画家の藤子・F・不二雄さん(1996年死去)の作品を再現した画風で描かれたもの。「藤子・F・不二雄プロと小学館にきちんと許可取ってる...んだよね!?」。イラストレーターの中村佑介さんがツイッターでそう疑問視したことで、ネットの注目を集めるように。スカパラの公式サイトは後日、ジャケット写真の変更を発表した。

  • 藤子F作品と似ていると指摘を受けたジャケット(画像はハシヅメさんのインスタグラムから)
    藤子F作品と似ていると指摘を受けたジャケット(画像はハシヅメさんのインスタグラムから)

「許可取ってる...んだよね!?」

   東京スカパラダイスオーケストラは2018年2月21日、ゲストボーカルにロックバンド「銀杏BOYZ」のボーカル・峯田和伸さんを迎え入れた新シングル「ちえのわ feat.峯田和伸」を発売する。シングルのジャケットには、アーティストのハシヅメユウヤさんが手がけた、涙を流した男女のイラストを採用した。

   このイラストをめぐって、問題点を指摘したのは、イラストレーターの中村佑介さんだ。というのもイラストは、往年の藤子F作品にそっくりなタッチで描かれているのである。

   中村さんは1月18日、ツイッターで「藤子・F・不二雄プロと小学館にきちんと許可取ってる...んだよね!?」と疑問を呈した。ハシヅメさんが「オマージュ」や「パロディ」を意図していたかどうかはともかく、藤子F作品の一場面をそのまま「拡大コピー(トレース)して、髪型、ファッション、色を変えただけのようなものも多く見受けられます」という。

   中村さんはその上で、

「『オマージュ?パロディ?パクリ?』という曖昧な論議の向こう側であるこの一線を越えてしまうと、日本はコピー商品を売っても良いということになります」

と警鐘を鳴らした。

   ハシヅメさんは以前から、藤子F作品を彷彿させるイラストを公開しており、インスタグラムなどでその作品を見ることができるが、「パクリでないのか」とこれに疑問を呈する向きもあった。同氏は藤子F作品を敬愛しているようで、情報サイト「TABI LABO」の取材に以前、

「最終的に僕の絵が売れても売れなくてもどっちでもいいんです。きれいごとに聞こえるかもしれないけど、僕の作品をきっかけに、藤子先生の作品の魅力に気づく人が増えて欲しい」

と回答したほど。同様の作品は、2018年1月の個展「W」でも展示した。

ハシヅメさんに取材を申し込むが...

   中村さんの指摘をきっかけに、「ハシヅメユウヤの作品、著作権違反だと思うんだけど...」「え?これはどうなの?藤子・F・不二雄プロ的にどうなの?」と冷ややかな声がツイッターで続出するようになった。

   ハシヅメさん本人もこの反応を察知したようで、1月19日のインスタグラムに

「皆様からお叱り等、SNSですごいので作風変えました」

と投稿、涙を流す女性のイラストの写真を掲載したが、「炎上」状態はその後も続いた。

   こうした事態を受けてか、東京スカパラは1月23日、公式サイトで「東京スカパラダイスオーケストラのニューシングル『ちえのわ feat.峯田和伸』のアートワークを下記に変更させていただきます」と発表。白の無地(CD+DVD版はピンク)に手書きで「ちえのわ」と書いたシンプルなイラストに差し替える。

   当のハシヅメさんは、一連の事態をどう受け止めているのか。J-CASTニュースは22日からハシヅメさんにメールで取材を申し込んでいるが、24日夜現在までに返事はない。東京スカパラの所属するレーベル「cutting edge」にも24日、電話を繰り返したが、誰も出なかった。

   藤子・F・不二雄さんの漫画作品などを出版する小学館の広報担当者は、24日のJ-CASTニュースの取材に、

「(ハシヅメさんの作品が似ていると指摘を受けていることは)把握しておりますが、それに関するコメントは控えさせていただきます」

と回答している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中