2018年 8月 18日 (土)

大塚代表、この期に及んで「民主党」と言い間違え 「民進党」ついに定着せずに消滅か

印刷

   2か月後に結成から2年を迎える民進党は、結局その名前が定着することなく消滅することになりそうだ。2018年1月25日に参議院で行われた代表質問で、トップバッターとして登壇した大塚耕平代表は、開口一番「民主党・新緑風会を代表して...」。議場には苦笑が広がった。

   足元の状況をみると、党内では公然と「分党論」が噴出。分党で「安全保障や原発で、きれいさっぱりする」といった声も出ている。

  • あと2か月で「民進党」発足から2年だ
    あと2か月で「民進党」発足から2年だ

初代・岡田代表、党声明、安倍首相、記者...

   民進党が発足したのは16年3月。結党大会で岡田克也代表(当時)が

「では、『民主党』が...、いや民進党が」

と言い間違えたのを皮切りに、16年7月の衆院選での投票日声明でも間違え、あわてて訂正を出したことがあった。開票日翌日の記者会見でも、安倍首相と記者の双方から「民主党」という単語が出たが、特に訂正されることもなく会見は進行された。それから1年半が経った18年1月25日の代表質問でも、同じ間違いが繰り返された。大塚氏が

「民主党・新緑風会を代表して...」

と話しだしたところで議場がざわつき、苦笑いしながら

「失礼いたしました。民進党・新緑風会を...」

と言い直した。

「分党」すれば「安全保障や原発で、きれいさっぱり」

   民進党では、憲法や安全保障について違う考えを持つ議員が集まる「寄り合い所帯」。立憲民主党に合流しようとする動きと希望の党に合流しようとする動きの両方があり、「分党論」が加速している。大塚氏は分党論には否定的だが、増子輝彦幹事長は1月24日のBS11の番組収録で、希望の党との合流の可能性に言及。分党の可能性についても「否定できない」とした。17年10月の衆院選に無所属で出馬し当選した江田憲司衆院議員は、この発言を報じる記事を引用しながら

「う~ん、うちの幹事長が言うなら、『分党』も良いかも。安全保障や原発で、きれいさっぱりするのも」

とツイートした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中